メインイメージ画像

完璧でなくても良い

泣き叫んで保育園に行かないと駄々をこねる子供を眺めつつ、子育てとの両立は無理なのではないかと悩む働くお母さんも少数ではないでしょう。確かに、正直、子育てと仕事の両立は非常に厳しい面があるのです。ご主人さんの手助けは間違いなく絶対になります。どのようなことを家族に手伝ってほしいのかはっきりと言いましょう。言われるまでできないと考えている旦那さんも多数いるのです。働くママさん自身も全部を一人で完璧にしようとするのは思わないで下さい。

ママと子供がまとわりつき離れない場合は、たまには惣菜の夕飯でもいいじゃないですか。叱りながら食べる夕飯よりも、受け止めてもらってから食べる方がお子様も喜ばしいのではないでしょうか。

面倒くさいママ友を作るのをやめている人も少なからずいます。しかし、子育てをする上でよき理解者であり、心強い味方はやはりママ友なのです。ママ友は、名前の通りお子様を通じての顔見知りであり、年齢も多種な仲間です。

お子様同士が仲間になり、ママ友になったと言う形態が大部分ではないかと予想します。ママ友同士は、子供という共通の話題も多く、心配事など似通った思いを携えていることもしばしばあります。それぞれの境遇も似ているので、話を聞いてもらうにはすごく適切だと考えられます。私も、自分が急に医院に通うことになったケースに手伝ってくれたのはママ友でした。何かの際はお互い様の精神で最初に、周りのお母さんとママ友になってみてはいかがですか。